桃の節句で開運

Good fortune 、Peach’s festival、Hina Matsuri

健康で幸せな日々が末長く続くことを願う桃の節句

お雛様&桃の節句
についてお話します。

桃は魔除けの効果を持つとされています。

桃の節句では、縁起をかついだ食材

・はまぐり→女の子の美徳と貞節

・はす→見通しのいい人生

・海老→海老の赤は生命

・まめ→健康でまめに働く

を使い

・ちらし寿司
・お吸い物

などをいただきます。

雛人形の役割は

・守り神
・厄除け
・魔除け

です

ひな人形が身代わりになって

・災いがふりかからないよう
・美しく成長して
・幸せな人生を送れるように

女の子のすこやかな成長を願います。

雛人形の飾るのに適した日は
立春・大安・雨水

 

☆立春

・豆まきで鬼(災厄)祓い
・春を迎える縁起の良い日

☆大安

・何をするにも
・とっても運勢が良い日

天気が良い大安の日を選び、お雛様を飾るという方が多いようです。

でも、カレンダーの大安の日が必ずしもお天気がよいとは限りませんよね〜

カレンダーの

・大安
・友引
・先勝
・先負
・赤口
・仏滅

が六曜ですが

時間を選べば
大安以外の日でも吉とされています。

・友引は、朝と夕が吉
・先勝は、午前中が吉
・先負は、午後から吉
・赤口は、正午が吉

☆雨水 “うすい”

・二十四節季の中にある「雨水」の日のこと

・空から降る雪が雨に変わり 雪どけが始まる頃のこと

雨水の日に雛人形を飾ると

・良縁に恵まれる
・良い伴侶に巡り会う

と言われています。

(2018.2.19は仏滅になります)

雛人形をしまう日は?

 

雛祭りが終わった数日後の

お天気のよい
二十四節気の啓蟄
の日が良いとされてます。

啓蟄 “けいちつ”とは「冬眠していた虫が地上へ出てくるころ」のこと

雛人形は絹の使用量が多く、絹にとっての大敵「湿気」を避けることが大切なので、晴れた日がポイントになります。

どうしてもすぐに片付けられない時は

 

・お内裏様
・お雛様

を後ろ向きにしておくと

・眠っていらっしゃる
・お帰りになる

という意味になるそうです。

 

しまうのが遅くなると婚期遅れる?

 

節句は季節の節目です。
節目を越えていつまでも出しておくものではありません。

ひな人形をしまうのが遅いと婚期が遅れると聞きますが

その理由として、

・雛人形には子供の厄が移っているので、早く片付け災いを遠ざけよう!ということ

・節句は季節の節目です。
節目を越えたら面倒がらずにきちっと片づけましょうということ

 

大切なお作法

 

・飾るとき
・しまうとき

お雛様たちに、感謝の気持ちを伝えましょう。

ガラスケースの中のお雛様は

・湿気がこもらない様
・少し隙間を空け
・防虫剤
・乾燥材

を入れるとよいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA