ワクワクなブックカフェ 梟書茶房 池袋

池袋駅直結、Esola池袋4階にある梟書茶房
ずっと気になっていたのですが、やっと行くことができました。

2017年の6月末にオープン。

株式会社ドトールコーヒーと、神楽坂の書店「かもめブックス」代表の柳下恭平氏とのコラボレーションによって誕生しました。

珈琲と本好きにはたまらない場所

店内はどこかの洋館に迷い込んだ感じのするスペース。

シャンデリアが吊るされ、ゆったりしたソファのあるコーナー。

このお店には自由に閲覧できる本が1000冊置いてあるので、じっくり読書を楽しみたい人にはオススメ!

木のぬくもりと日差しが感じられるコーナー。ちなみに、グリーンテラスに出ることもできます。

今回は一人で行ったので、カウンターへ。

本が読みやすいように読書灯があります。

新しい本との出会い

このカウンターの下にはかもめブックスの柳下さんが選書した本が2、3冊置いてあります。

たまたま私が座った席にあった本。お茶をしに来たはずが、仕事をしに来たはずなのに、ついつい気になってしまう本が。

これは、次回のお楽しみにしようと思います。

カフェメニューも豊富

お腹もすいていたので、3種のハムとマリボーチーズのBOOKサンドと梟ブレンドを注文。

ハム、チーズ、卵、ピクルス、野菜と沢山の具材が入っていて、思っているよりボリュームがありました。

梟ブレンドはグアテマラをメインにした苦味とコクが特徴のコーヒーです。

平日のオープン時から15時まではホットドック、サンド、パスタを注文するとドリンクが200円引きになります。

シークレットな本屋さん

ここにはかもめブックスの柳下さんが選んだ本が2000冊、販売されています。

しかし、全てが袋とじになっているため、購入にて開けてみるまで本のタイトルや著者はわかりません。

100文字程度の紹介文が書いてあるだけ。

内容があらすじにも触れず、本のオススメが書いてあります。

開けてみるまでのお楽しみ!!

自分のために購入するのもよし、友達にプレゼントするのもよし。

普段は本のタイトル・装丁・内容で選んだりするものですが、何も考えずに直感で選んだ本を読んでみるのも悪くないと思います。

駅近なので平日の昼間でも結構混んでいます。

1人だとカウンターがあるので比較的すぐに入ることができますが、2人以上で行く場合は待つことが予想されるので、気をつけてくださいね。

梟書茶房

10:30~22:00(L.O.21:30)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA