目指しているのは「誰の」夢?

marriage hunting、marriage、someone special、 satisfied life、self-esteem

あなたは、何のために生きていますか?

この質問の答えがすぐに浮かぶでしょうか?

 

今日死んだとしても、何も変わらない

このタイトルの意味は、二つあります。

そのどちらも、私が経験した思いです。

 

全く異なる「二つ」の感覚。

一つ目は、ある日突然、自分がこの世からいなくなったとしても、世界は何も変わらないという感覚。

もう一つは、肉体に命があったとしても、自分らしくない生き方をしていては、「生きている」と思えないという感覚。

 

 

父の突然の死

marriage hunting、marriage、someone special、 satisfied life、self-esteem

私が27歳の時に、父は自死でこの世を去りました。

バブル期に、脱サラをして独立をした父親は、
銀行の勧めるままに、どんどん借金を重ねてしまっていました。

そして、バブル崩壊・・・

担保となっていた不動産の価値が下がり、
銀行からは、執拗に追加担保を求められ・・・。
月々の返済に追い立てられ・・・。

父は鬱傾向になっている感じでした。

それでも、いつもの年と同じように、大量の年賀状を書き進めていて、
所属してたライオンズクラブのゴルフコンペに参加し、
忘年会で気分良くカラオケを楽しんだ、

その翌日の朝に、自ら命を絶ってしまいました。

 

「明日、一緒に病院に行ってみよう」と前日の夜に言葉を交わしたのが最後でした。

 

昨日は、普通に生きて暮らしていた「父」が、ある日突然、この世を去ったのに、

街は、いつもと何の変わりもなく、普通に流れている・・・。

 

本当に不思議な感覚でした。

 

社会において、「一人の人間の存在」とは何なのだろう?

ある日突然居なくなっても、何の変化もない社会なのなら、

 

周囲(社会)からどう見られるか

などという事に煩わされるなんてナンセンス!

 

自分が「どうありたいのか」だけをしっかりと持てば良いのだと感じました。

 

 

今日の命がある事に意味がない

marriage hunting、marriage、someone special、 satisfied life、self-esteem

父の死から五年後、私はお寺の副住職と結婚をしました。

そして、子供を授かり、仕事を辞め、副住職の妻という立場を生きていました。

 

私が嫁いだお寺は、曹洞宗の寺院でした。

曹洞宗は出家の宗派なので、本来、僧侶は妻帯しない前提になっています。

でも、明治以降、血縁を後継者とするという都合のためか、
実態としては、妻を持ち、子供をもうけています。

それにも関わらず、宗門の規定上は、「妻は存在しない」のです。

 

存在しないはずの「妻」なので、実生活である「家庭」の中でも、

その人権がないがしろにされていると、私には感じられました。

 

私には、家政婦の役目と、後継者(男児)を産む仕事が期待されているだけ。

私がそれまでの人生経験から、培ってきた価値観によって、
何らかの判断をしたり、行動をする自由は阻害されていました。

 

私が私自身である価値は、「私の経験した事」に基づいていると思えるのに、

私が期待されていたのは、「他の誰であってもできること」

 

そう感じてしまった時に、

今日こうして、生きていても意味がない

 

今日と同じ日を、後50年生きたとしても、それは、

「私」自身が生きたことにはならない

 

このような感覚に襲われてしまって、鬱々とした気持ちになっていました。

 

さらに、色々な出来事があって、とうとう離婚を決めました。

 

 

誰かを満たしたとしても、あなたの満足にはならない

marriage hunting、marriage、someone special、 satisfied life、self-esteem

私が離婚をする時に、義母が言いました。

「何が不満なのか、全く分からない。大きな家があって、
好きな物を食べる余裕があって、自由にお買い物ができる、
豊かな生活が保障されているのに」と。

 

私は、義母が満足だと感じているそれらの事柄にはほとんど興味がなく、

  • 自分の意思で、物事を決めることができない。
  • 自由に出かけることができない。
  • 子供の教育方針を邪魔される

など、「自由」が阻害されていることが、私にとっての不満でした。

 

経済的安定を捨ててでも、私にとっては「自由」が大事だったのです。

そして、だからこそ、今の暮らしを「幸せ」だと思える。

 

 

自分の人生の満足は、「自分が大切なもの」でしか得られないと思います。

 

「結婚」が幸せをもたらしてくれるわけではありません。

誰かに惑わされることなく、
自分自身の「本当に大切なこと」をしっかりと見定めてみて下さい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA