ポリアモリーという考え方

恋愛のカタチは様々

「一人の異性を愛すること」

それが世の中の常識です。

海外には一夫多妻制を認めている国もありますが、日本の法律ではできません。

しかし、大声でジェンダーレスを叫ぶ時代になってきている今、一言に恋愛と言っても様々。

性的マイノリティに関わる話題は世間ではタブーとして扱われていました。

昨今、レズ(女性同性愛者)・ゲイ(男性同性愛者)・バイセクシャル(両性愛者)・トランスジェンダー(心とカラダの性が一致しない者)の頭文字からLGBTと呼ばれる言葉も浸透し、カミングアウトをしてテレビに出演する芸能人も少なくはありません。

普通に男女が愛し合うだけが恋愛とは言い切れないのです。

ポリアモリーとは

最近、耳する言葉ですが、皆さんは聞いたことがありますか?

ポリアモリーとは、ノンモノガミー(排他的な一夫一妻制ではない関係)の一種。関係者全員の合意に基づき、多重的な性愛関係やロマンチックな関係を営むライフスタイル、また その関係性のことである。
wikipediaより

不倫や浮気は、パートナーや配偶者がいるにも関わらず、心が浮ついてしまったり、体の関係を持ってしまうこと。それを隠していることです。

かつて「不倫は文化」という芸能人もいましたが、誰にも言わずに隠れて異性と関係を持つことに対して、罪悪感を感じてしまう人も多いはず。

一番じゃなくてもいい。

・自分のぽっかりあいた寂しさや隙間を埋めてくれればいい
・マンネリした関係を解消したい

その時の感情を吐き出すために、他の異性を関係を持ったとしても、その瞬間は満たされると思うが、後に残るものは何だろうか?

ポリアモリーは、関係性をパートナーに理解してもらい、合意を得られている状態のこと。

「合意」という概念が大事なのです。

自由と失うもの

浮気や不倫と違うポイントがもう一つ。

どの人に対しても優劣をつけず、平等に本気で愛すること。

皆さんは、この状態・感情をどう思いますか?

誰を好きになって、愛して、付き合うことと引き換えに、周囲からの視線、嫉妬という感情も湧いてくるのが自然現象。

それをどこまで受け止めることができるのか?

自分の付き合っている人がポリアモリーだったら

好きな人はたくさんいる。

だけど、そこには親愛の感情はあるが恋愛感情ではない。

付き合ってるパートナーから、

「実は、ボリアモリーなんだ。理解してくれるかな?」

と言われたら、私はどうするだろう。

多分受け入れられないと思う。

きっと嫉妬という感情に押しつぶされてしまいそうだから。

愛する人・愛される人は一人でいい。

 

だけど、そうじゃない人もいるということを受け入れる、容認する自分にはなりたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA