常に妻をリスペクトしています(Fさんのリアル)その2

marriage、marriage hunting、couple、partner

前回は、Fさんのお仕事についてお聞きしましたが、ここからが本題です。

パートナーとの出会い~結婚まで

 

 

現在の奥様とはどこで知り合われたのですか?

会社員時代の職場を通じて知り合いました。

お付き合いをして、結婚しようと思った決め手は何ですか?

付き合って3か月目ぐらいですかね。
当時、僕は後輩とルームシェアをしていました。
その時、ちょうど妻が一人暮らししていた自宅更新の時期だったんです。

タイミングもタイミングだし。
せっかくなら、皆で一緒に住もう!と気軽な感じで同棲に誘いました。そこで妻のご両親に相談にいったら、

「僕以外の他人の男性が住んでいる所に一緒に住むのは理解できない」とやんわり、、、笑

妻の母親からは「結婚前提だったら話はまた変わってくる」と教えてくれました。

そういわれて、妻と結婚しない理由はないと思い、結婚が決まりました。


テレビとかの「僕と結婚してください!」というのは全くないし、、、
「じゃぁ、、、結婚するか!」みたいな流れで入籍でしたねぇ。

まぁ、後輩の男性とその彼女と僕と妻の4人で半年くらいルームシェアしていたんですけどね(笑)

 

スピード婚だったんですね。

なんだかんだで入籍したのは付き合って1年経った頃で、その2か月後に結婚式を挙げました。

結婚してよかったこと・失ったもの

 

 

―結婚してよかったことは何ですか?

沢山あるんですけれど、僕と妻は真逆の性格なんです。考え方も全く違うし。

でも、僕は妻のことをリスペクトしていています。自分にないものを沢山持っている。

細かくいうと、僕はいいかげんなんです。
がさつ、とまでは言わないですが、割とだらしない。
しかし妻は常識を持った、しっかり者です。

また、僕は人とフランクに接するので、逆にそこが「常識ない」と思われてもしょうがない部分も実際にあります。

そこを妻が正してくれます。
例えば、文章一つにしても、妻の手が入ると僕の世界観、言いたいことを保った状態で妻の「常識フィルター」が入るんです。

僕がwebで食べてる=文章で食べてるのと一緒だと、僕は思っているので、仕事面でも妻に助けてもらっているため、そりゃあ、頭が上がらないですよね笑

―送る文章とか奥さんに読んでもらって、校正してもらったりすることがあるんですか?

メールはもうないですけれど、facebookの一般投稿に関しては妻の手が入ってますね。

生活面もそうですが、仕事面でも本当にお世話になっていますね。

 

―逆に結婚して失ったと思うことはありますか?

自分一人の時間というのはないですよね。

企業との打ち合わせは別ですが、基本、妻とはずっと一緒にいるので。

―ひとりぼっちでいる空間・時間がなくなったということですよね?

あとはゲームに没頭する時間がなくなったことですかね(笑)

―もしゲームをしたら奥さんに悪いと思うんですか?
それともゲームをしたいという欲求が沸かないんですか?

結婚してからは、テレビゲームをやりたいという欲求はほぼなくなりましたね。

だけど、ずっと好きでやっていたから、今、やったらやったで面白いんですよね。

スマホのゲームとか、昔小学校の時にやっていたゲームを奥さんに了承を得たうえでやったりするんですが、長続きしないんですよね。

ただ、もし妻がいなかったとしたら、ゲーマーになっている可能性は高いですね(笑)

―先ほど、奥さんに了承を得てと言っていましたよね。
それは、一緒に住むのが先に始まっていますが、最初から奥さんに対してのリスペクトとして、
ゲームやってもいい?と聞いていました?

そうですね。もちろんです。

―そんなにゲームばかりしないでよと言われたことがきっかけではないということですよね?

僕が元々ゲームが好きだから、妻と二人でできるゲームがあったら、たぶん二人でやるんですよ。
たまに二人でやりたくなるんです。

今はそれがゲームではなくて映画になっているので、僕たちにとって映画が共通の趣味。

共通の趣味がいくつかあるから、それほどゲームに意識がいかないというのもありますね。

2人でいるのが自然体

 

 

二人でいる時間をすごく大切にしていますよね?
一人で書斎にこもって仕事をする人もいますが、見えるところにいるという感じがしますが。

妻はホームページも作れるし、デザインもできるし、いろいろクリエイティブなことができるんですよ。

結局、今、僕の本業のwebの仕事って、クリエイティブなことができないといけない時代に突入しているので、妻の意見が必要になってくるんです。

そこに関しては絶対的な信頼を置き、リスペクトしているため、意見を聞ける環境というのは僕にとってはすごくありがたいです。

 

自分一人きりになる時間に対するプライオリティは低いということですよね。
一人の時間がないと絶対ダメという人もいるので。

それはシチュエーションや状況にもよります。

例えば、仕事がパンパンで、ゼロから生み出さない仕事になると一人で考える時間は必要だと感じます。

でも、妻が空気を読んでくれるから、一切話しかけてこないです。

 

出会うべくして出会ったんですね。

たぶん、僕がリスペクトしているからでしょうね。
悪い言い方をすると「依存している」というか(笑)

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA